戻る

性格さんの成績

総合
投稿回数 2
Rate 1450.83
平均偏差値 43.119
平均度数 24.837
1位 0
2位 0
3位 0
ベスト10以内 0

性格さんのR変動

性格さんのプロフィール

メールアドレス
ホームページ
コメント

 

※毎朝6時更新
性格のPICKUP得点(more) 性格のPICKUPされ得点(more)

ボケ履歴

[第 1966 回] 探偵の手帳の最後に書き記してあった言葉とは?
ヒロミが下水管に張り付いて暖を取っていた。
「ママみたいであったけぇや!」
闇の組織に伊代をミンチ肉にされたあの日から、全ては変わってしまった。
そのまま、ジェットスキーで下水道を颯爽と走るヒロミ。
クイックターンをきめると、クソの飛沫が辺りに舞い散り、糞雲を作る。
一瞬見えなくなるヒロミ。

………………まさか………………

いや、ヒロミはそこにいるぞ!!!
前傾姿勢を取り、糞雲を振りほどくようにヒロミが抜け出した!
速い!何てスピードだ!!
納豆を食べた!
今朝納豆を食べたんだ!!!
マチャアキとの不仲は完全に解消している!!!
マチャアキとの不仲は完全に解消している!!!
ゴール!ゴールしました!!
ヒロミがゴールしました〜〜!!!!!!!

「名倉〜〜!テメ〜恩を忘れやがって!番組ひとつくらいよこせバカヤロー!!」
拭っても拭っても出てくる涙を往年のノリで誤魔化すヒロミ。
伊代も名倉もいなくなってしまったこの世界でヒロミに生きる理由なんてないのかもしれない。
それでも、それでも、強く生きてくれるよね、ヒロミ。

「へけ!」
34.04 pts [46.9]
74 /115位 (36.0%)




[第 1965 回] 頭の悪い殺人鬼の行動
僕は、頭の悪い、殺人鬼。
出逢いは突然だった。
彼女はまるで、草原を吹き抜ける風だった。
知性を持ち、美しく、しなやかな筋肉を持った野生の動物の様だった。
しどろもどろになった言葉は彼女の頬を緩ませ、僕らはたちまち意気投合した。
昼は木陰で同じ本を読み、夜は寄り添いながら星を数えて過ごした。
彼女は医者になりたいといっていた。
彼女の父親は呑んだくれで街のごろつき、唯一の理解者だった母親は苦労が祟り、何年か前に痴呆が出てから病状は悪くなるばかりだった。
僕は「医者になるにはお金がいるよ」という言葉を飲み込んで、彼女の素晴らしい夢、母親の病気を治したいという夢をいつも聞いて、応援していた。
ねえ、僕は無責任だったね。

それから月日が少し経ち、僕らはあっけなく別れてしまった。
覚えていないくらいの些細なことで僕は彼女に怒りをぶつけ、家を飛び出し、そのまま都会へ行ってしまったんだ。
あの時どうしてあんなに意地を張ったのかは分からないけど、とにかく君からの電話や手紙を受け取ることはしなかった。

また数年が経った頃、仕事がうまくいかなくなり田舎に帰ることにした僕は彼女のことを思い出していた。
少しの淡い期待を持ちながら。

だけど、君はそこに影も形もなかった。
近所の人に話を聞いて僕は膝から崩れ落ちた。
僕が出て行った後、君は医者になるための学費を稼ぐために売春をしたんだ。
そして不幸にもHIVに感染した。
……そして………

僕は、頭の悪い、殺人鬼。
あの電話を取っていれば、手紙を読んでいれば、君は逝かずに済んだかもしれないね。
もう何もかもが遅くなってしまったけど、神様がいたとしたらこう願うよ。

神様〜〜〜〜!!!!!!!!!ちんこオッキクしてケロ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!ホンギャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!ホンギャ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
28.73 pts [39.3]
108 /125位 (13.7%)